シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

中国桂林旅行 その①

f:id:syakadou77:20180913102025j:plain

2018年6月に両親と私の三人で中国桂林に旅行に行ってきました!
(ここは、年間で観光客が5000万人も訪れるという中国最大の観光名所です。)

 

3泊4日の団体旅行だったので、あっという間でしたが個人的にすごい良かったです。(^O^)/

 

私は幼い頃から水墨画が好きな母に連れられて、たまに一緒に美術館へ水墨画を見に行っていたので、その題材としてよく描かれる桂林の地を訪れることはすごい楽しみでした。
あの山々の感じというか雰囲気は、世界中でも多分ここ桂林にしかないとも思っていたのですごく貴重な景色を見られて最高でした。

  

ただ、初日桂林までの移動中に思わぬハプニングが起こりました。il||li(;´д`)il||li
まずはその時のお話からご紹介します!

 

私たち家族は、旅行に行くにあたって全員荷物を最小限に抑えてコンパクトにまとめていたので、成田から飛行機に乗る際は荷物を預けずにすべて手荷物として機内へ持ち込みました。

 

実は、成田から上海を経由し、乗り継いで桂林まで向かうことになっていたのですが、
事前の情報として、乗り継ぎの際にロストバゲージがよく起こるということを聞いていたので、それを防ぐためという目的がありました。

 

また、うちの家族の中では、以前から飛行機に乗る時に荷物を預けると、降りた後にそれが運ばれてくるまで待つのが嫌なので、基本的に荷物を預けないようにするという習慣がありました。

 

まず、成田から上海に降り立つと、飛行機から連絡バスに乗って空港へ向かいました。
上海空港は飛行場がとてつもなく広くて、バス移動で空港まで10分以上かかりました。
そして、空港について入国審査を受ける直前、母が自分の荷物を機内に置き忘れてきてしまったことに気づきました。Σ(゚Д゚)ハッ

 

慌てた母はすぐにそばにいた中国人の係員に片言の英語で事情を説明し、その係員と共にいきなりどこかへ探しに行ってしまいました。


どこで落ち合うかとかそういった話も一切することがなく、突然母がいなくなってしまったので、取り残された父と私は唖然というか茫然としてしまいました。(´ヘ`;)・・・

 

元々母は忘れっぽい性格で、日常的にいろんなものを置き忘れるので慣れてはいましたが、
本人も荷物を機内に置き忘れるというのは人生で初めてだったらしく、
(それも、唯一持ってきた全荷物が入ってるやつよ~ん。)
自分でも少しびっくりしたみたいでした。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

 

荷物を預けずに機内に持ち込んだことがかえって仇となってしまい、
いきなりとんだハプニングに見舞われたと私は少し気が動転しました。

 

その後、私と父は、母が同じ場所に戻ってくる可能性を想定し、
入国審査前の場所でしばらく待つことにしました。
(この時、全員携帯電話を持っていなかったので、連絡する手段がありませんでした。)

 

けれど、次の乗り継ぎの便の時間も迫ってきたので、やむを得ず二人で先に搭乗口まで向かうことにしました。

 

そして、幸いにもその途中の手荷物検査場を出たところで、
偶然母とばったり出会い、そこで無事に合流することができました。
これは本当にラッキーでした。(^_-)-☆
あんなに広い上海空港で同じ時間に検査場を通過していて、
さらに私と母が検査を受けたレーンが隣合っていたなんて、
まさに奇跡(シンクロニシティ)としか思えませんでした。
神様ありがとー♡!(#^.^#)って思いました。

 

合流した時、母は機内に置き忘れた荷物をちゃんと受け取っていました。

 

後で母が教えてくれましたが、忘れたバッグを受け取る際、
その場所に自分以外にも相当な量の忘れ物が届いていたそうです。
結構機内に忘れ物をしてしまう人っているみたいです。

 

しかし、一難去ってまた一難、この後もまたとんでもないハプニングが起きたのです!(◎_◎;)

 

続きはまた次回!

 

読者の皆様、いつもブログを読んで下さってありがとうございます。

 

♡愛を込めて♡

 

いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡