シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

あだ名

うちの家族の間では小さい頃からお互いにそれぞれ変なあだ名があり、
それで今でも呼び合っていたりします。

 

私にとってはこれが普通なのですが、
多分他の人が聞いたらきっと「えっ?!」って思われそうなものばかりです。

 

こちらです!どーん!↓

・タカバン
・ウチちゃん
・あぽぽん
・あぴぽ
・あぽ
・ちゃく

 

この中に4人分のあだ名が隠れています。さ~て、わかるかな~?(о´∀`о)ニヤニヤ
一人で三つのあだ名を持っている人もいま~す。それは、派生語みたいになっているのでなんとなくわかりますよね。
でも、もはや元の名前の原型をとどめていないので、はっきり言って理解不能ですよね。(苦笑)私もこれをいきなり聞いたらそう思ってしまうと思います。
ついでにいうと、それぞれ誰が名付けたとか、そのあだ名はこの人しか使わないとか、そのあだ名が生まれたエピソードなんかもあります。

 

昔はこのあだ名を外で呼び合う時に、少しのためらいというか、恥ずかしさがあったのですが、段々と「えーい!めんどくせー!」ってなって、あるときからもう気にしないで普通に言うようになりました。

 

たまに遠くにいる家族を呼ぶときに、このあだ名で呼ぶ時があるので、
その時は周りにいる人たちに「私たちのことを日本人ではなく、どこかアジア系の国の人たちだと思ってね!」と勝手に思いながら平気で使ってます。

 

あと、私は普段親のことを呼ぶときも、結構いろんな呼び方をしています。
小さい頃は、「ママ」「パパ」でしたが、思春期になると周囲の目を気にして、「お母さん」「お父さん」と呼ぶようになりました。
今はもうめちゃくちゃになって、特に母親には「おかーちゃん」「おかあちゃま」「ちゃまちゃま」「マミー」などその時の気分でふざけていろんな言い方で呼んでいます。父親にはさすがにそれはできず、「お父さん」か「パパ」で、極たま~に父のいないところで「パピー」と呼んだりしています。

 

余談ですけど、私の知り合いの娘さんが2歳くらいの頃、自分の母親を「ははー!」と呼んでいました。なんか自然とそうなってしまったそうです。その姿を見たときめっちゃ可愛かったです。ウルトラマンみたい。(^_^;)

 

ついでにいうと、私は個人的に人以外でもあだ名をつけたりします。朝散歩を始めてから友達の鳩ができました。だいたいいつも神社を出る際に鳥居のそばを通ると、お見送りをしてくれているのか現れる鳩です。なぜか鳩なのに「プープー」とタイヤを潰したような声で鳴くので、あだ名を勝手に「ぷーちゃん」にしました。遠くにいても、「プープー」と聞こえてくると、「あっ、また近くにぷーちゃんがいる~。(*´з`)」と思って嬉しくなります。

 

あだ名ってほんと面白いです。(≧▽≦)

 

いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡