シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

金縛りの解き方

皆さん、金縛りにあったことはありますか?

 

実は私は中学3年生の時に初めて金縛りを体験しました。
よく言われるのは、金縛りって身体は眠って休んでいるのに、頭は目覚めていて意識がある状態のことで、思春期や、大人になってからでも疲労が溜まっているときなんかにも普通に起こるらしいです。

 

私も実際、金縛りをその思春期の頃に初めて経験し、最近はもうすっかりなくなりましたが社会人に成り立ての頃とかにもよくありました。

 

また金縛りの種類もいろいろあって、私の経験上、怖いものとそうでないものの2タイプがあることがわかりました。

 

私が経験した怖いタイプは、ある晩寝ていて突然目が覚めたのですが身体が全く動かない。「あっ、金縛りにあってる」と気づくと、すぐそばにあった自分の机のいすに誰かが座っているような気配がしました。身体を動かせないので、目線をそこに向けることはできないのですが、なぜかわかる感じです。しばらくすると、そのいす(回転式)がくるっとこちらに向くのがわかり、そこに座っている誰かが自分の方にやってきます。
そして、私の背中にその何者かが覆い被さるかのようにのっかってきて、私は「うぉー、重くて苦しい。」と思いながら、そのまま眠りについてしまうという現象でした。( ˘ω˘)スヤァ

 

実は、初めて金縛りにあう前に、ある科学系のテレビ番組で金縛りのメカニズムについて特集されたものを見ていました。その番組内では、どうやら金縛りに遭っている最中に見ている現実とおぼしき世界は実は脳が創り出している夢の世界だと語られていて、それを私はずっと信じていました。

 

だから、事前にその知識があった上で、初めての金縛りを体験したので、「あっ、まるで現実のように精巧に似せてるけど、この世界は現実じゃないんだな。僕は騙せないよ~。」と思って、少し冷めた目で見ていました。
見えない何者かが自分に乗っかってくる瞬間は少しの怖さもありましたが、心の片隅で「どうせ、夢だろう!」という思いもあったのでちょっと変な感じでした。(^_-)

 

その後も度々金縛りに遭うことがありましたが、大抵はただ身体が動かず、現実と似た世界が周囲に見えているという状態であったり、もしくは風が通り抜けるような「ザーザー」という音が耳元に聞こえるという、全然怖くないタイプの金縛りがほとんどでした。

 

やがて、その体験を重ねていくごとに、あるとき突然金縛りを解く方法まで自分で見つけてしまいました。

 

ある日の晩、金縛りにあっている時、「この身体が動かない感じ、ほんとイラ立つな~。なんとかできないかな~。」と思っていました。
そして、身体には力が入らないので、思いっきり強く「このやろー!絶対動かしてやるー!」と思ったところ、身体以外のところ(自分でもよくわからない・・・)がグイッと何か動くような感覚して金縛りが解けたことがありました。
(o・。・o)あっ!できちゃった!

 

それが成功体験となり、その後も何度かその方法を使うと金縛りが解けるということがわかりました。
金縛りを解くポイントは、強い願い、思いの力、念力だと私は思っています。身体は動かせないので、自分の意思で強く念じる、心の底から思うと突然身体とコネクトできて、なぜか動かせるようになるのだと思います。

 

つまり、意志の力が肉体を超えると金縛りが解けるんだという気がします。
もし金縛りを自分で解けるようになったら、意志力が強いってことの証なんだなと私は勝手に思っています。

 

そんな話を何気なく妹にしてみたら、妹も「金縛りって解けるよ!」と普通に言ってました。それも私と全く同じ方法でした。

 

この方法知っている人って他にもいたりするんでしょうか?(=_=)

 

いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡