シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

自覚夢

皆さんは「自覚夢」や「明晰夢」って知っていますか?


初めて聞くという方に簡単に説明すると、夢の中で「あっ、これは夢だな!」ってわかっている状態のことで、またその状態では夢を自在にコントロールすることも可能になります。

 

全員ではありませんが、結構こういう経験をしたことのある方っているみたいですね。

 

実は私も幼い頃はこの自覚夢(明晰夢)を頻繁に見ていました。
寝ている最中、突然「あっ、これはなんかおかしいぞ!そうかっ、今私は夢の中にいるんだ!」ということに気づき、なんか嬉しくなっていました。

 

夢の中にいるとわかった瞬間、自分が願ったものを出現させたり、こうなったらいいなぁという夢のストーリーの展開を想像すると、面白いくらいにその通りになることがありました。

 

また、自分の意に添わず、怖い夢や嫌な夢を見ていた時は、「この夢もう見たくないから起きよう!」と思い、夢の中で意識的に、2、3回瞬きをすると、なぜか必ずと言ってよいほど目を覚ますことができ、現実に戻っていました。

 

だから、好きな夢を見ている時は夢の中に居続けて自分の思い通りにして遊び、反対に嫌な夢を見ている時はすぐに起きるということを自在にやっていました。(*´з`)

 

子どもの頃はそれが普通だったので、なんとも思っていませんでしたが、大人になってから、あれは結構特殊な体験だったんだなということがわかりました。

 

ある時、夢の中で宇宙人に誘拐されて小さな檻の中に閉じ込められる夢を見たことがありました。その時もまた今これが夢の中なんだという自覚があったので、「よし、この夢怖いから目を覚ましちゃおう!」といつものように意識的に瞬きをしてみました。

 

でも、その時ばかりはなぜか全く夢から覚めることができませんでした。
「あれ?」と不思議に思って、焦りながら何度も瞬きをしてみたのですが、結局その夢から現実に戻ることはできず、私はそのショックと恐怖の中で夢に飲み込まれていきました。
それが私の中でトラウマとなってしまったのか、それ以降、自覚夢を段々と見なくなり、自分を意識的に夢から覚ますということもできなくなってしまいました。

 

大人になった現在も数年に1回くらいの割合で、本当にたま~にですけど、自覚夢を見ることがあります。でも、子どもの時に比べてその自覚がある時間は短いですし、嫌な夢だからといって意識的に夢から覚めるということはもうできません。

 

あれが使えれば本当は楽しいのになぁとちょっと寂しい感じです。o(;△;)o

 

大人になってから知りましたが、東南アジアのマレー半島中南部に居住する山岳民族セノイ族またはサカイ族の人たちは、幼少の頃より夢をコントロールするように育てられ修行をしているそうです。世界には私と同じような人たちもいるんだなと、ちょっと安心しました。

 

あと、たまに夢の中で寝ていて、目が覚めたらまだそこも夢の中だったということがありました。つまり二度夢の中で目を覚ますという経験をして、ようやく現実にたどり着くというおかしな状態です。夢の中って実は何層にもなっているのかな?と思わされた夢でした。

 

夢ってほんと知れば知るほど面白いです。(-ω- ?)

 

いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡