シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

ヴィーガン生活3ヶ月

4月からヴィーガンに移行し始めて3ヶ月が経過しました。


基本的に普段の3食ともヴィーガンの食事を心がけましたが、月に数回はノーマルな食事を家族との外食や頂き物のお菓子などで摂取することもありました。その中で気づいたことを書いてみます。


一つはヴィーガンに切り替えてから、たまにノーマルな食事を身体に取り入れると、
今までよりも身体が敏感に反応するようになってしまったということがあります。
例えば、わかりやすいくらい、吹き出物が背中あたりにどっと出たり、口臭出たり、口内炎ができたりしました。それから、なぜかわかりませんが猛烈にのどが渇いて、水分を大量に欲するようにもなりました。身体が代謝を上げようとしているのかもしれません。

 

私は大人になってから乳糖不耐症だとわかり、牛乳だけは避けていましたが、
たまに洋菓子などに含まれているものは摂取していました。
でも、最近は乳製品を食べるとすぐに口臭が出始めたり、腸にガスが溜まるので、
私にとって胃腸に負担がかかるのだなと改めて感じました。

 

全体を通して、ヴィーガンの食生活にしてからノーマルな食事への耐性が少し弱くなったように思え、このままヴィーガンを継続していく方が身体にとって負担が少ないのかなと思いました。つまり、身体自体がもうヴィーガンに合わせるようにシフトしているように思えました。
もしかしたら将来的にノーマルに戻すという道は自分にはないのかもしれないと感じ始めています。

 

また、この3ヶ月不思議なくらい全く体調不良に見舞われませんでした。
軽い風邪みたいな症状も一切ありませんでした。

 

体質的な部分では、ノーマルな食事の時は、特に額などTゾーンのてかりが気になるくらい脂っぽい肌質だったのですが、自然とそれもなくなっていることに気づきました。肌のオイルバランスが保たれていると感じます。

 

さらに、それに合わせて頭皮の匂いも気にならなくなりました。
それまでは、毎日シャンプーをしていても、たまに頭皮から出た脂が酸化したような独特の匂いがしていたのですが、それも全然気にならなくなりました。

 

それと、これは女性特有だとは思いますが、生理時の経血の量がすごく減りました。
そもそも生理はデトックスのために起きているということを以前聞いたことがあったので、ヴィーガンになることで自然と血液が浄化され、そのデトックスの必要性が弱まったために変化が起きたという可能性が思い浮かびました。もしくは身体が節約モードに切り替わったせいなのかもしれません。
また、以前トークショーベジタリアンの山田まりやさんが、息子さんを出産される際に出血が少なかったというエピソードを話されていたので、医学的なことは私もよくわかりませんが、ベジタリアン女性の身体には何かしらの変化が起きているのではないかと思いました。

 

私の場合、この3ヶ月の間、動物性食品を食べたいという欲求も一度も起こりませんでした。両親は相変わらずノーマルな食生活を続けているので、家の中で肉や魚を焼く匂いや、馴染みのメニューの香りを嗅ぐことはありました。
でも、その時、一瞬懐かしいなとは思いましたが、食べたいという欲求は全く刺激されませんでした。

 

また、外を歩いていて、そういった動物性食品の写真や広告、メニューを目にしても
誘惑を全く感じない自分がいました。
そこにもう何の魅力も感じない程、頭と心の両方できちんと整理され納得しているということを感じました。

 

このことからも、引き続きヴィーガンを継続しようと思っています。

 

もし機会があれば血液検査を受けてみて、
昨年に行った健康診断の結果とも比較してみたいと思っています。

 

いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡