シリウス星☆出身?!ヴィーガン宇宙人のスピリチュアルブログ 

食・愛・笑を好む、ちょっとおかしな私の体験記を日々綴っています♡

性別について その②

昨日の続きです!(*^-^*)

 

今でも心の中の声が「俺は~」とか「僕は~」とたまに男性口調になったりします。
気分によって、男性モードと女性モードを使い分けている感じです。
男性を見ていても、その中に女性性を感じたり、女性を見ていてもその中に男性性を感じてしまって、人ってみんな両性具有的存在なんだなって勝手に思って見ています。
(一応、恋愛では自分はノーマルですよ!っていうか人間愛なのかも…。)

 

ある日会ったばかりの5歳くらいの女の子に突然、「あなたって本当は男でしょ?なんで女やってるの?」って言われたこともありました。
「やっぱり、ばれた?」(/ω\)キャー!って思いましたけど、「生まれる前の前に男だったからだよ。」と正直に答えてあげました。
小さい子って、ほんとものすごい感度が優れてるんですよね。すぐに本性を見抜いてきます。
余談ですけど、2歳くらいの子で私とテレパシーが使える子もいましたよ。周囲には気づかれていませんでしたが、私にはちゃんとわかりました。
テレパシー!ムムムム…( ーー)~~~~~(゚ロ゚)キタ!

 

話は戻りますけど、性別ってものすごく曖昧なもので、自分はどっちの性質もあるけど、どっちかというと男性性の方が強いのかなって思います。
でも、たまにえげつない程自分の女性性が顔を出すときもあって、
自分でも「マジ怖い!」って思いますけどね。女ってこわいよ~(笑)
時々感情的になって野生の馬みたいに急に暴走したりするから、
手綱をちゃんと握ってないとえらいことになります。
ほんと手が掛かって大変だ~。ヾ(≧□≦*)ノ

  

真面目な話、人間の魂を男性か女性かという二元論的な物差しで測ろうとすること事体が正直無理があるようにも思ってしまいます。
私のことを性同一性障害?って思われる方もいるかもしれないですけど、私自身はそうは思ってなくて、性転換手術を受けたいとか、戸籍を変えたいとまでは思ったことは一度もないんですよね。
ただ単に一つの性別だけでは自分のすべてが表現できないというか、違和感があるというか、納得できない感じ・・・。とってもグレーゾーンにいる感じでした。
だから、一概に人を性同一性障害という枠に括るのもどうかと思ったりしてしまうんです。カテゴリとか呼び名はどうでもよくって、私は私なんだというただそれだけでいいと思っています。

 

ただものすごい窮屈ですよ~。どう考えても。
自分って絶対地球人にはおさまりきらないというか、規格外という気がする…。
中性の性別、どちらでもない性別、もしくはどちらにでもなれるけどならない性別みたいなのがあれば理想なんですけどね~。

 

こんなこと考えてるなんて、私ってほんと変人だな~って思います。(;゚Д゚)!!今更!?(笑)
そんなんだから、彼氏いない歴=年齢になっちゃったんですけどね。(T_T)(涙)


いつもありがとう
すべての存在に感謝☆彡